aga治療って効果あるの?治療をやめてしまう前に確認したいこと

agaの治療は自分の力で改善できる症状ではないため、agaのクリニックを受診したり、agaの症状を抑える薬を使用してagaの治療を継続していくことになるでしょう。治療していく過程の中で、場合によってはagaの治療の効果が実感できない人もいます。

しかし、そのまま治療をやめてしまうと薄毛をますます進行させてしまうことになるでしょう。agaの治療をやめてしまう前に確認しなければならないことを紹介します。

治療効果なしと思い込むのはいけない

agaの治療に限らず、どんなことでも治療効果なしと決めつけてしまうと、治療を断念したり、症状は悪化していくことに繋がってしまうでしょう。自分で効果あり、なしを判断するのは危険です。実際は効果があったり、徐々に症状が改善される施しが見られる可能性もあります。

まずは根拠がないのに治療効果なしと思い込むのはやめた方が良いでしょう。

一定期間続けてないと効果がない

agaの主な治療法と言えば、agaの改善が期待されている治療薬、「プロペシア」を服用することです。このプロペシアを飲んで、「効果が今一つ実感できない」と思ってしまう人も多いでしょう。agaによる薄毛の症状は、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ」という還元酵素と結合し、ジヒドロテストステロンという脱毛作用のある悪性のホルモンに変化することで引き起こされます。

プロペシアの成分は、5αリダクターゼを抑えることができ、ジヒドロテストステロンの生成を抑え、agaの進行を抑制することができるのです。このプロペシアは、1日1回服用し、6ヶ月以上続けることが必要です。改善の効果があらわれないからといって、すぐに服用をやめてはいけません。

早ければ3ヶ月で薬の効果があらわれる人もいますが、場合によっては一年以上続けないと効果があらわれない場合もあるので注意しましょう。プロペシアは1年間投与するよりも、2年間、3年間薬を継続して使うことより、改善効果が見られやすくなります。

また、プロペシアを使用すると、弱った髪の毛が一気に抜け落ちるという「初期脱毛」という現象が起こることがあります。これはヘアサイクルの乱れを正し、丈夫な髪の毛が生えるための準備みたいなものです。副作用のようなものを感じても、自分で「ダメだな」と判断しないで、根気よく治療を続けるということが必要です。

ちなみにプロペシアはagaの進行を食い止めるのが主な役割なので、急激な発毛変化はあまりみられません。発毛や育毛効果を高めるには、「ミノキシジル」という毛根に続く毛細血管を拡張し、血流改善させて毛根への栄養補給をしやすくする薬が必要です。

どちらか一つの薬を使うよりも、プロペシアとミノキシジルを併用することで高い発毛効果を得られるようになり、効果を実感しやすくなるでしょう。ミノキシジルも効果までに6ヶ月ほどかかるようです。agaの治療を育毛剤で行う場合でも、効果があらわれるまでは半年以上かかっても不思議ではないでしょう。

治療は一定期間続けて行わないといけないので、早期に効果がないと判断しないで、薄毛を改善したい場合は根気強く続けるということが大切です。

薄毛の原因がagaではない

プロペシアによる服用での治療が効果がない場合、薄毛の原因がagaではない可能性があります。ハゲには様々なタイプがあり、原因や対処法も違ってきます。もしかしたら、自分が続けている薄毛治療が全く効果のない対策になっているかもしれません。

その場合、治療を続けていても薄毛は改善されないので、別の治療法を行う必要があるでしょう。aga以外の薄毛というのは、例えばこのような症状です。円形脱毛症は、コインのような円形のハゲが頭皮にできる症状です。

ハゲ部分の周囲の髪を引っ張ると、ほとんど抵抗なく髪が抜けてしまいます。主にストレスや免疫機能の誤作動で自分自身の髪の毛がターゲットになる自己免疫疾患が原因と言われています。効果的な治療法は、栄養をしっかり摂って、頭皮の血行を良くし、生活習慣を改善することです。

抜毛症は、ストレスや不安から自分の髪の毛を無意識に抜いたり、抜くことが癖になってしまっている脱毛症です。髪の毛を抜いていると意識しても衝動を抑えることができません。抜かれた髪の毛は生えにくくなり、無理やり抜いた髪の毛周辺の頭皮は傷つき、どちらもハゲを進行させてしまうでしょう。

抜毛症は精神面が原因になっているので、精神が不安定になる要素を取り除いたり、ストレスをためないようにしたり、カウンセリング受けるということが大切です。脂漏性脱毛症は少し珍しいタイプの脱毛症。皮脂の過剰分泌により、皮脂がフケと混ざって毛穴を塞ぎ、本来そこから生えてくるはずの髪の毛を阻害して薄毛や脱毛の原因になってしまいます。

ホルモンバランスの乱れが過剰な皮脂分泌を促しているので、ホルモンバランスを整えたり、脂っこい食事を控えたり、頭皮を清潔に保つということが必要です。この他にも、様々な脱毛症があります。agaは薄毛のタイプとしては最も多く、成人男性の3人に一人は発症すると言われていますが、自分の薄毛がagaだと決めつけてしまうと、治療の効果がなくなってしまうので注意しましょう。

セルフチェックで判断できることもありますが、不安ならばAGA治療専門クリニックに相談することが大切です。

間違った対策は逆効果

薄毛に悩む男性の中には、病院に行きたくなくて、自分で何とかしようと育毛剤を買ったり、セルフケアを行う傾向があります。しかし、市販の育毛剤は、プロペシアやミノキシジルの成分が入っていても、頭皮に優しいものばかりであまり改善効果が得られない場合があります。

育毛剤の種類も様々ですし、自分でやみくもに使っても効果的な治療にならないこともあるのです。薄毛を改善させるどころか、自分の頭皮や症状に合わないものを使用していると、頭皮環境が悪化し、薄毛が進行することもあります。

agaのクリニックで渡される薬は、通販で海外から購入することもできます。病院に通うこともなく、病院よりも安価で薬を手に入れることができるので、個人輸入で薬を入手して治療する人もいるでしょう。しかし、場合によっては偽物が混じっていたり、海外から購入するため説明書を読むことが難しいです。

日本で認められていない成分が入っていることもあり、効果が実感できなかったり、副作用による健康被害を引き起こす場合もあります。薄毛の治療を安全に長期間続けたい場合は、aga治療専門クリニックで安心に薬を服用しましょう。

agaなのに薬が効きにくい理由は

agaなのにプロペシアが効きにくいと、効果がないのではないかと考えてしまうでしょう。生活習慣が乱れていたり、ストレスがたまっていたり、頭皮が不潔だと、薬の成分が頭皮に浸透しにくくなってしまいます。薬に頼るだけでなく、生活習慣や運動不足の改善、髪の毛に必要な栄養を食事からバランスよく摂取することも大切です。

また、プロペシアは24時間で効果が切れてしまうので、1日1回決まった時間に飲むことが薬の効果を発揮するために重要です。飲み忘れがないようにしたり、毎日決まった時間に飲むようにしましょう。