aga治療と永久脱毛を併せて行う際に注意するべきことは

agaの脱毛治療を行っているということは髪の毛が薄いことに相当悩んでいるはずです。ただ、そういう人は往々にして体毛が濃い人が多く、aga治療の飲み薬において副作用により体毛が濃くなったりします。髪の毛の薄毛治療はしっかりとしてほしいのですが、そんなに体毛が濃くなるのは嫌だという場合に、永久脱毛をお願いするケースがあります。

aga治療と永久脱毛を合わせて行う時に注意するべきことについて詳しく説明していきます。

薄毛に悩む人は体毛が濃い人がもともと多い

薄毛やハゲの人は往々にして体毛が濃い人が多かったりします。必ずしもそう言えるとは限りませんが、男性ホルモンのバランスが崩れてしまうとそうなってしまうことが多いです。薄毛になる原因にしても体毛が濃い原因にしても、いずれも男性ホルモンが関わってきます。

男性ホルモンは2種類あり、テストステロンという物質とジヒドロテストステロンという物質があります。体毛が濃い原因というのはテストステロンが、薄毛になる原因というのはジヒドロテストステロンが盛んに分泌されているからです。

ただ、睡眠不足などの生活習慣が乱れているならば、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化することによって、ホルモンバランスが崩れてしまいますので、その結果として薄毛になりさらにagaになったりします。

そもそもこういう人というのはテストステロンの分泌も多いので、そもそも体毛が濃いという人が多いです。

aga治療薬のプロペシアを服用すると副作用で体毛が濃くなる

aga治療を行うとなると、薬の服用をすることがメインの治療で、その時に服用される薬としてプロペシアというものがあります。発毛や増毛を促す効果があるということで、aga治療に用いられることが多い薬です。髪の毛に対してとても効果がある薬ではありますが、副作用として体毛が濃くなることがあります。

aga治療を行う際には当然医師がこういう副作用があることはきちんと説明をされるので、体毛が濃くなることについてはわかっているはずです。ただ思った以上に濃くなったなという風に思うことは十分にあり得ることです。

髪の毛がまた生えてくるのであれば、別段体毛が濃くなっても構わないという人がいるかもしれませんが、これ以上体毛が濃くなるとちょっと困ってしまう人もいるでしょう。aga治療を行うところは大抵の場合脱毛を扱っていたりしますので、そこで脱毛も勧められるということもあります。

男性の脱毛に対する抵抗が薄れる

最近ではファッションやエチケットを考えるうえで、男性においても脱毛を考える人が多くなっています。脱毛を行う場所として脱毛サロンと医療脱毛の2か所がありますが、永久脱毛を行うという意味では後者が望ましいです。

前者の場合は光脱毛で行われますが、残念ながら出力が弱いために永久脱毛というわけにはいかないです。それに対して、後者の場合はレーザー脱毛で行われますので、出力が強く永久脱毛を実現することができます。aga治療を行っているところで医療脱毛を行っているところもありますので、薄毛治療の副作用として体毛が濃くなって気になるという人は併せて医療脱毛による永久脱毛を行うのもアリです。

一度aga治療に行っているわけですので、そういう病院に対する抵抗感はかなり薄れるでしょうから、永久脱毛をすることについても比較的抵抗なく挑むことができます。

コンプレックスを解消するきっかけになる

そもそも髪が薄いということと毛が濃いということでコンプレックスを抱えている男性は多く、特に若い頃であればバカにされるということもあり得ます。バカにされることによっていじめられたり、不登校になったりというように深刻な問題になります。

ずっとバカにされるともなるとコンプレックスを抱えることになるので、どこかでそれを解消したいと思うことでしょう。ただ同時にそれを解消したいとは言ってもお金がかかりますので、1つずつ解消していくことが望ましいです。

まず最初にどこから解消するかというと、薄毛から治療をしたほうがいいです。薄毛の副作用として体毛が濃くなるというものがありますので、永久脱毛からしても再び薄毛が生えてくるなど治療効果が薄れてしまいます。薄毛から解消したら次に濃い部位を脱毛するという流れで行ったほうがいいでしょう。

コンプレックスを解消していったときには、自分自身が前向きになったり、恋愛においても積極的になるというように、自分にとっていいことづくめです。

aga治療中に脱毛は止めておいたほうがいい

aga治療を行う時にプロぺシアを服用することになりますが、副作用により脱毛効果が薄れるということが考えられますので、出来る事ならばaga治療中には脱毛は止めておいたほうがいいです。医療脱毛で行われるレーザー脱毛により、毛母細胞という組織を完全に焼いて破壊してしまいますので、そこに関しては完全にムダ毛が生えてこずに、永久脱毛が実現します。

完全に毛母細胞が破壊されたところについては一生ムダ毛が生えてきません。レーザー照射を行って効き目があるのはムダ毛が生えているところだけで、休眠期の毛穴には一切効果がありません。だからこそ毛周期に合わせてレーザー照射を行います。

それだけでなく、レーザー照射をしてもプロペシアを服用していたら通常以上に再生してしまう毛穴が多くなります。なぜaga治療中に脱毛を止めた方がいいのかというと、プロペシアを服用しながら脱毛をしてしまうと、服用しない時に比べてレーザー脱毛の効き目が薄れるからです。

通常に比べて通う回数が余計に増えることがあり、よりお金がかかるケースが出てきます。

aga治療をしたところで脱毛を行ったほうがいい

aga治療と永久脱毛を実現したいということならば、同じクリニックで行うことをおすすめします。同じクリニックで行うことによって、経済的に効率的に行えたりしますし、場合によってはセット割引が効いたりします。

同じクリニックで治療を行いますので、行きやすさという面でも、安心できるという面でも全然違います。毎回同じように通っていますので、行きやすいという風に思っています。一度治療をしてもらったところで脱毛もしてくれるというのは何よりもなれている場所ですから何よりも安心できるでしょう。

プロペシアを服用したことによる副作用を重々理解しながら、脱毛をすることができますので、そういう時に何らかのアドバイスを与えることができるでしょう。aga治療と永久脱毛を共に行うことによる情報共有がされやすいので、何かあった時にも適切に対処してもらえます。

だからこそ、aga治療をしたところで脱毛をしてもらうのが望ましいです。